アルツハイマー病の対処【病気と付き合っていくために】

笑顔の夫婦

落ち着いて生活する

新宿で耳鼻咽喉科をお探しなら、コチラがおすすめですよ。予約不要で診療してくれるので、急な具合悪化の場合でも安心です。

アルツハイマー病に対する現在の取り組み

アルツハイマー病は、進行すると記憶力の低下や見当識障害など様々症状が出てくるのが特徴ですが、特に深刻な症状としては徘徊があります。徘徊とはあてもなく歩き回ることを指しますが、アルツハイマー病の人が一人で外を出歩いてしまった場合、家までの帰り道が分からなくなってしまうこともあるので、家族にとっての精神的負担は大きなものになります。 アルツハイマー病は早期であれば進行を遅らせる治療薬はありますが、徘徊などの症状を抑える治療薬はありません。しかし、精神的に不安定な状態が見られる場合には心身を安定させる治療薬などが用いられることもあります。 最近では行方不明高齢者も増加していることから、位置情報システムなどを導入している自治体などもあります。

小規模多機能ホームとは

アルツハイマー病は根本的な治療法はないですが、周りの人の接し方や生活環境等の工夫で症状が安定し、落ち着いて生活をすることができるようになります。 現在では、住み慣れた地域や住宅でいつまでも暮らせるよう様々なサービスがありますが、その中の一つに「小規模多機能ホーム」があります。 小規模多機能ホームの特徴は、従来別々の事業者が提供していた通所サービス、訪問サービス、ショートステイを組み合わせて利用できるというサービスです。 別々の事業者がサービスを提供する場合、サービスごとに職員が変わるため認知症高齢者にとって大きなストレスになることもあります。 小規模多機能ホームの場合、同じ職員からいつでもサービスが受けられるので、信頼関係が築きやすいというメリットがあります。

ピックアップ

原因を探そう

耳鳴りなどがいきなり聞こえるといった場合もあるでしょう。そういった場合には、病気であることがありますので、原因をしっかり探しておきましょう。更年期である可能性もあります。

もっと読む

治療は耳鼻科で

耳鳴りなどの症状が現れる病気の代表的なものはメニエール病という病気です。心的原因であるストレスによって症状が現れる事で知られていて、現在でも多くの方が治療を行なっています。

もっと読む

診断を受ける

耳鳴りは一般的に外耳や中耳などの器官が原因で引き起こされる場合とストレスなどから耳鳴りが起こってしまう新適用員がありますそのため、耳鼻咽喉科や心療内科などの様な専門の医療機関で診断を受けましょう。

もっと読む